実力に合わせて滋賀の医学部を受験することに

医学部に進みたいと考えていた

医学部に進みたいと考えていたのですが、どこにするかは決まっていませんでした。
滋賀にするかあるいは大阪や京都辺りを狙ってみるか考えていたのですが、最終的な結論としては地元を離れる利点もそれほどないということがわかり滋賀で医学部を目指すことにしたのです。
自分の実力が高くて、かなり上を目指すことが出来るというのであれば大阪や京都を目指しても良かったのですが、結局地元を離れて同じぐらいのレベルの学校に行くのであれば地元の方がなにかと楽ではないかと思ったのです。
もちろん、地元の学校以上に魅力がある場所があればそこにすることも考えたのですが、自分が合格できそうな学校ではどこも似たり寄ったりな感じでしたから、それなら滋賀の医学部を目指すのが一番負担が少ないと考えたのです。
目標が決まればあとは受験に向けて勉強をするだけですが、高望みをしていないとはいっても自分にとっては医学部という目標は決して低いものではなくこれから間に合うだろうかという感じでした。
しかし、それはあくまでも進路が決まった直後の話で予備校に通う直前になってからは、合格できるかという不安もあって引き返すなら今かもしれないと弱気になっていたのです。

医学部に進みたいと考えていた | 進路が決まったのは一年生の二学期の終わりごろ | 予備校に通ってからは実力がメキメキついた