実力に合わせて滋賀の医学部を受験することに

進路が決まったのは一年生の二学期の終わりごろ

進路が決まったのは一年生の二学期の終わりごろでしたから、まるまる二年あると考えるのかあるいは二年しかないと考えるのかなんとも言えないところでした。
自分の実力を考えれば二年しかないといえるところだろうと思っていて、とにかくその日から時間を無駄にしないことだけを心がけました。
冬休みの間は受験対策のための予備校を探しながら、休み明けのテストのために短期の塾に通うことにしました。
進路が決まってからはやらなければならないことがたくさん出てきてとにかく大変でしたが、それでも目標ができたというのは張り合いがあるもので大変な日々でも乗り切ることができたのです。
テストの結果はまずまずだったのですが、まだ出来る部分もあったのではないかと思うとこのぐらいのところで停滞しているレベルでは合格は厳しいような気がして弱気になってしまいました。

医学部に進みたいと考えていた | 進路が決まったのは一年生の二学期の終わりごろ | 予備校に通ってからは実力がメキメキついた

医歯薬専門予備校インフィア | KEC近畿予備校 | 京進 | 京都メディカル家庭教師センター | 個別指導キャンパス