実力に合わせて滋賀の医学部を受験することに

予備校に通ってからは実力がメキメキついた

医学部に進みたいと考えていた | 進路が決まったのは一年生の二学期の終わりごろ | 予備校に通ってからは実力がメキメキついた

ところが予備校に通うようになってからは、講師の指導がいいこともあって実力がメキメキついてきて自信まで持てるようになってきたのです。
絶対に受かるという強い気持ちを持つことはできませんでしたが、行けるかもしれないという希望がかなり前向きな気持を引き出してくれることになりました。
それからは、とにかく合格でも不合格でも悔いのない結果を残すことができるように勉強を続けることになりました。
受験対策も自分の中では完璧な状態となり、いよいよ本番となったのですが緊張をして固くなったということはなかったのですが、なんだかそわそわして落ち着かない気持ちでした。
頭のなかがなんだかふんわりとしてしまって、これで大丈夫かその時だけは不安になったのですが、試験が始まると冷静さを取り戻すことができ問題もスラスラ解答することができ、満足の行く試験が受けられました。
手応えは十分で、その自信通り合格を知った時にはやったという気持ちで一杯でした。